暑中見舞いを送る方へ

暑中見舞いを送る時期は?マナーとポイント 暑中見舞いを送る方へ

illust Ai 暑中お見舞い
【マナーとポイント】暑中見舞いを送る方へ

暑中見舞いとは

暑中見舞いとは、一年のうちで最も暑さが厳しいとされる時期に送る季節のあいさつ状です。
「暑さの厳しい時期に相手の健康を気遣う」という目的があります。
残暑見舞いと同じく、普段なかなか会えない知人や友人、お世話になっている方やお客様に送りましょう。

暑中見舞いを送る時期

暑中見舞いは小暑から立秋の前日に送りましょう。小暑の日と立秋の日は毎年異なりますので注意が必要です。
2020年の場合は7月6日から8月6日です。
この期間に相手に届くのが、暑中見舞いの正しい送り方になります。
また、相手のお住まいの地域が梅雨を明けた頃を目安に送ると良いです。
立秋の前日までに届かないようであれば、残暑見舞いとして送りましょう。

暑中見舞いを送る時期

暑中見舞いの正しい書き方と注意点

送る相手により内容は変わりますが、下記の書き方が一般的です。

暑中見舞いの書き方

  • 1

    お見舞いのあいさつ

    お見舞いのあいさつを述べます。句点「。」は使用しないこと。

    例文1)暑中お見舞い申し上げます
    例文2)暑中お伺い申し上げます

  • 2

    時候のあいさつと主文

    時候のあいさつの後に、相手の健康を気遣う言葉や日頃の感謝、こちらの近況報告を述べます。句点「。」は使用しないこと。

    例文)
    厳しい暑さが続きますがお変わりございませんか
    私もおかげ様で暑さにめげず元気に頑張っております
    梅雨明けとともに暑さが本格化しますので体調管理を十分になさってください

  • 3

    日付

    「令和〇年」の後に「盛夏」「七月」などの言葉を入れます。詳細な日付は必要ありません。

    例文1)令和○年 盛夏
    例文2)令和○年 七月

暑中見舞いと残暑見舞いはどちらか片方のみ

暑中見舞いと残暑見舞いは、時期が近いため同じ相手に送らないのが一般的です。どちらか片方のみを送りましょう。
届く時期を確認し、「暑中見舞い」または「残暑見舞い」を選びましょう。

暑中見舞いが届いたら返事を送りましょう

暑中見舞いをいただいた場合は、礼儀として自分からも送るようにしましょう。必須ではありませんが、お返事をすることでお互いより深い関係になります。
返事を送る際は、相手に届く時期を注意しましょう。暑中見舞いの期間が
過ぎた場合は、残暑見舞いとして出しましょう。
※セールスや営業の暑中見舞いに対しては返事する必要はありません。

自分または相手が喪中の場合

年賀状は「新年を祝う手紙」のため、喪中の場合は送りません。
一方、暑中見舞い・残暑見舞い・寒中見舞いは「季節のあいさつ状」であるため喪中であっても送ることが出来ます。
送る場合は、忌明け(故人様の死を悼む期間。仏式は四十九日)以降に送りましょう。
楽しげでカラフルなデザインは避け、文面にも配慮をしましょう。

暑中見舞いのおすすめテンプレート

アレイラではカテゴリ別でテンプレートデザインをご用意しています。
お好きなデザインを見つけてぜひご利用ください!

  • カモメ・いかり・浮き輪など海をイメージさせるモチーフを描いたデザイン。
  • スイカとうちわの水彩風イラストカード。涼しげでシンプルなデザインです。
  • 朝顔のイラストや挨拶文に手書き感があって、親しみやすいデザイン。
  • 和室の丸窓から花火を観ているような、風情あるデザインの暑中お見舞い。
  • 3つ並んだグラスの中央には、なんとシロクマが!可愛らしいテンプレート素材。
  • 赤と黄色のスイカをイメージしたアイスキャンディーのイラスト。手書き感のある優しい雰囲気がポイントです。
  • 羊のシルエットイラストと和柄の組み合わせが綺麗なデザイン。
  • ヒマワリで作られたフラワーリースが爽やかなイラスト。